2018年 7月 22日 (日)

「閣外へ」と注目の石破大臣 会見で述べた「思い」とは

印刷

   石破茂・地方創生担当相は2016年8月2日の閣議後会見で、

「自由民主党というものが、多様な意見があることは大事なこと。そのために自分がなすべきことは何だろうか、という思いがある」
「なお、政策面において錬磨を図らなければならないところは、多々あると認識している」

などと述べた。

  • 石破茂氏の去就が注目されている
    石破茂氏の去就が注目されている

「残留打診を固辞」報道も

   3日に実施される内閣改造を前に、石破氏の動向が注目されており、2日付の朝刊各紙では「石破氏閣外へ」(読売新聞)などと閣内に残留しない見通しを報じていた。残留打診を固辞したとの報道もあり、今回の会見発言は、「閣外へ」の思いをにじませた形となった。

   石破氏は「ポスト安倍」の一人として位置付けられており、派閥内からは「閣外に出て力を蓄えるべきだ」といった声が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中