2018年 10月 21日 (日)

毒のないジャガイモ、遺伝子組換えで開発 理研

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   理化学研究所と大阪大学、神戸大学の共同研究グループは2016年7月26日、ジャガイモに含まれている有毒物質の生成に関わる遺伝子を発生させないことで、毒のないジャガイモの開発に成功したと発表した。

   ジャガイモは、収穫後も一定期間が経つと芽が生えてくる。芽はソラニンをはじめとした有毒物質を高濃度で蓄積し、この有毒物質は食中毒の原因となる。そのため、ジャガイモを1年以上保存することは非常に難しいとされていた。

   研究グループはジャガイモの遺伝子を解析し、有毒物質の生成に関わる遺伝子「PGA1」と「PGA2」を発見。遺伝子組換えにより、この2つの遺伝子を発生させないようにしたジャガイモと、従来のジャガイモとを比較したところ、遺伝子組換えジャガイモは有毒物質の生成が極めて抑えられていた。

   また、遺伝子組換えジャガイモは収穫後に芽が生えてこず、土に植えると生えてきた。発表資料によると、この現象は「予想に反して」いたといい、詳細なメカニズムの解明は今後の課題となる。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...