2020年 11月 24日 (火)

「ヨーグルトがうつ病を防ぐ」は本当 女性は1日1個で発症リスク3割減

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ヨーグルトをよく食べる女性は、うつ病になりにくいという研究がまとまり、スペイン・ナバラ大学のチームが、栄養学誌「Journal of Nutrition」(電子版)の2016年7月27日号に発表した。

   最近、うつ病の発症には腸内細菌の状態が関係しているという研究が相次いでおり、うつ病の改善には乳酸菌を含むヨーグルトが効果をあげるのではないかといわれるが、実際に研究で確かめたのは初めてという。

  • ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれている
    ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれている
  • ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれている

週0.5食以下と7食以上を比べると

   研究チームは、うつ病の発症とヨーグルトを食べる習慣との関連を分析するため、うつ病ではない健康な男女1万4539人(平均年齢37歳)を10年間追跡調査した。調査開始時点と10年後に詳細なアンケートで食生活を尋ね、またうつ病の発症状況も調べた。10年後の時点で、調査期間中に医師からうつ病と診断されたことがある人が727人(5.0%)いた。

   ヨーグルトの摂取量を、1週間に0.5食以下から7食以上とる人まで4つのグループに分けて比較した(1食は125グラム)。その結果、最も多くヨーグルトを食べる「週に7食以上」の人は、「0.5食以下」の人に比べ、うつ病を発症するリスクは22%減った。男女別に比較すると、男性の場合は、うつ病の発症者が少ないこともあり、統計学的に有意ではなかった。女性にだけ「ヨーグルト効果」が確認され、34%も発症リスクが減った。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中