2019年 1月 21日 (月)

大阪市大、肝線維化の予防法開発 肝硬変の治療に期待

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   大阪市立大学の村上善基准教授の研究グループは、肝臓が硬くなって正常な機能を失う肝線維化を治療・予防する方法を開発したとする論文を、2016年8月2日付の米科学誌「Molecular Therapy」(電子版)に発表した。実験用マウスに「マイクロRNA」という遺伝子を投与したところ、線維化が改善されたという。

   肝線維化は、肝硬変や肝臓がんにつながる。大阪市大が発表した資料によると、日本では肝硬変患者が50万人、肝硬変による死者は年間1万7000人いると推定されている。しかし、肝線維化を直接治療・予防する方法はなかった。

   研究グループは、肝線維化を起こした患者にマイクロRNAを投与、直接改善して肝機能を回復させることで、肝硬変の治療につながると期待している。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中