2018年 10月 23日 (火)

大阪市大、肝線維化の予防法開発 肝硬変の治療に期待

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大阪市立大学の村上善基准教授の研究グループは、肝臓が硬くなって正常な機能を失う肝線維化を治療・予防する方法を開発したとする論文を、2016年8月2日付の米科学誌「Molecular Therapy」(電子版)に発表した。実験用マウスに「マイクロRNA」という遺伝子を投与したところ、線維化が改善されたという。

   肝線維化は、肝硬変や肝臓がんにつながる。大阪市大が発表した資料によると、日本では肝硬変患者が50万人、肝硬変による死者は年間1万7000人いると推定されている。しかし、肝線維化を直接治療・予防する方法はなかった。

   研究グループは、肝線維化を起こした患者にマイクロRNAを投与、直接改善して肝機能を回復させることで、肝硬変の治療につながると期待している。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...