2021年 1月 16日 (土)

台湾を「パチモン」扱い フジ「やっちまったtv」に批判殺到

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   フジテレビが「やっちまったtv」で、台湾を批判する内容を放送したと、インターネットでヤリ玉にあがっている。

   一般に、親日派が多いとされる台湾だが、フジテレビの取材を受けた台湾人の友人とみられる人が番組を観て、台湾を「パチモン」扱いされたと、苦々しく思っていることをツイッターでつぶやいて火が付いた。

  • 台湾人は「不快」に感じたのかもしれない・・・
    台湾人は「不快」に感じたのかもしれない・・・
  • 台湾人は「不快」に感じたのかもしれない・・・

日本への憧れから模倣しようとしている?

   フジテレビの「やっちまったtv」(放送は不定期)は、「やっちまった」をキーワードに、世界中の「やっちまった」(失敗した)人の映像を見て笑おうというバラエティー番組。今回、インターネットで問題視されているのは、2016年8月7日に放送された番組内の企画の一つ、「間違い日本を徹底調査! 台湾で捕獲パチモンGO」だ。

   「パチモンGO in台湾」と題して、グルメや観光地、スーパー、看板の4つの切り口から「日本のパチモン」を紹介。たとえば、台湾で人気のお茶としてジャスミン茶とヤクルトを混ぜたドリンクを紹介したり、日本の「いちごミルク」のかき氷に引っかけて、いちごのかき氷の上に「海のミルク」といわれる牡蠣を載せたグルメを取り上げたり、観光地では「千と千尋の神隠し」の雰囲気が似ているとして知られている九份で、まったく似ていないキャラクターグッズを紹介したりした。

   これらは台湾人が日本への憧れから、偽物、まがい物という意味の「パチモン」をつくって模倣しようとしているかのような印象を植え付けているように映り、台湾の様々な物事を日本の「パクリ」扱いして、笑っているかのように見える演出だ。

   そうしたなか、「台湾人 @Taiwanjin」を名乗る人がツイッターに日本語で、

「友人に『日本のフジテレビに取材を受けたから、放送を見たらどんな内容なのか教えてね!』と言われていて、今それが放送されているのだが、趣旨が『日本が大好きな癖に日本のパチモンばかりで生きている台湾人に大爆笑!』的な内容で、正直しんどい。」

と、寄せた。

   さらに、

「台湾の早餐店(=飲食店、編集部注)のご飯を『雑な食べ物だな!』と笑ったり、わざわざ奇怪な食べ物を台湾の名物的に紹介し、マズそうに反応したり。さらにインタビューでは元音声が聞き取れないように消して、全く言ってないことを吹き替えで被せるのは... ちょっと」
「あと、九份の紹介が『映画 千と千尋の神隠しのモデルになったと主張しているが、ジブリはそれを否定。だけど便乗で勝手に商売している臭いがプンプンw』というのは、斬新だった。そうやって売り込んだのって日本の旅行会社なのにな!」

とこぼしたことが、大きな波紋を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中