新聞は「SMAP解散」どう伝えたか 扱いが1番ハデだったのは...

印刷

   「SMAP年内解散」のニュースを新聞の一般紙各紙はどう伝えたのか。有力紙の2016年8月14日付朝刊(東京最終版)の扱いを比べた。

   1面で報じたのは、朝日新聞と産経新聞だった。

  • 新聞紙面はどう書いていたか?
    新聞紙面はどう書いていたか?

朝日、産経は1面で

   朝日は、1面の第3項目の扱いで、「SMAP解散」と横見出しで報じた。さらに第2社会面にメンバー5人のコメントを載せている。

   産経は1面肩(左上方)で、5人の集合写真(2015年のNHK紅白リハーサル時)も載せている。見出しの第2項目には「メンバーの溝 埋まらず」とも触れている。第2社会面でも「戻らなかった5人の絆」と4段見出しで、SMAPの歩みを紹介する年表も載せた。

   読売新聞と毎日新聞は社会面。毎日は第1社会面のトップ。5段見出しで「SMAP 12月31日解散」と伝えた。写真は、1月の解散騒動の際にあった「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)での謝罪の場面の5人。それぞれの解散コメントも載せている。

   読売は、第2社会面。「SMAP解散」と右上方の横見出しで。5人が球場で歌っている写真や解散コメントも掲載。

   経済紙の日本経済新聞も、第1社会面で報じた。左隅に3段見出しで本文11行と、短く伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中