「爆買い」バブル崩壊 ラオックス、営業利益9割減

印刷

   日本を訪れる中国人観光客らの「爆買い」需要を取り込むことで売り上げを伸ばしてきた、免税店大手のラオックスが純損益で4億円の赤字に転落した。

   観光庁によると、2016年4~6月期の中国人観光客の旅行消費額は3530億円と、訪日外国人の中で最多。構成比でも37%を占めているものの、「爆買い」とまで言われた需要は、金額的には急激にしぼんできている。ラオックスの赤字転落には、このことが背景にある。

  • 「爆買い」需要がしぼんでいる・・・
    「爆買い」需要がしぼんでいる・・・

「モノ」から「コト」へ、団体旅行から個人へシフト

   全国で41店舗の免税店を展開する「ラオックス」が2016年8月12日に発表した16年1~6月期中間決算によると、売上高は前年同期と比べて22.4%減の350億円、本業のもうけを示す営業利益は90.9%減の4億円となり、純損益は4億6400万円の赤字(前年同期は46億円の黒字)に転落した。

   訪日中国人をはじめとした来店客の商品ニーズが、これまで売れ行きが好調だった炊飯器や食洗機、ウォシュレットなどの家電製品や、時計やジュエリーなどの値段の高い商品から、化粧品や健康食品、医薬品などの比較的安価な日用品へと移る傾向にある。それに伴い、同社は高額商品から化粧品や日用品などに品揃えをシフトしているものの、購買商品の単価が低い分、売上高が伸び悩んだ。

   平均購買単価は2015年1年間の平均が3万3820円だったが、16年1~3月期には2万7369円、同4~6月には2万2922円にまで落ち込み、今後も下落するとみている。

   こうした顧客の購買動向の変化に加えて、消費の「モノ」から「コト」(観光やイベント)への変化や団体旅行から個人旅行へのシフト、観光客の地方への分散化が売上高に影響したとみている。国内の個人消費の伸び悩みや、円高や新興国経済の景気減速によって、国内外で景気回復のペースが鈍ったこともある。

   訪日観光客の地方への分散化傾向にあわせて、ラオックスは16年に、国際線の利用が伸びている地域に重点的に出店攻勢を仕掛け、北海道(2か店)や九州(3か店)、名古屋・京阪(3か店)、東京(1か店)と9か店を出店。16年6月末時点で、全国41か店とした。こうした出店ラッシュに伴う経費の増加も、重荷になった。

   ラオックスは、2016年通期(1~12月期)の売上高が当初(2月時点)の予想から35%減の650億円、営業利益は82.1%減の12億5000万円にとどまると、業績見通しを大幅に下方修正した。

   15年の「爆買い」が過熱ぎみだったこともあり、その反動は大きいようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中