2018年 9月 19日 (水)

「SMAP25周年」9月9日に祝賀イベント企画 ファン、報道を批判、「存続」を訴える

印刷

   SMAPの解散発表を受け、ファン有志がグループのデビュー25周年を祝うイベント開催に向けて動き出している。オンライン署名サイト「Change.org」で2016年8月15日から参加希望者を募っている。

   開催予定場所は西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)。1991年にSMAPがデビューイベントを開催した思い出の地だ。デビュー日となる9月9日にファンだけで集まり、25周年の記念日を一緒に祝うという。

  • 「西武園ゆうえんち」のシンボル、大観覧車(写真は公式サイトのスクリーンショット)
    「西武園ゆうえんち」のシンボル、大観覧車(写真は公式サイトのスクリーンショット)

思い出の地「西武園ゆうえんち」で

「誰もやらない、できないのであれば、ファンがお祝いすればいい!ファンで精一杯盛り上げようではないか!そう思い、この企画を発足させました」

   主催者は署名ページで企画理由をこう説明している。同時に、ファンが結束してアクションを起こすことでSMAPメンバーに「応援している」「待っている!」という思いを届ける意味もあるという。

   さらに主催者は「報道の仕方、マスコミの取り上げ方を見ていると、本当にSMAPの意志なのかどうか、疑わしく思う部分があります」とも指摘し、グループ存続への願いも届けたいとしている。

西武園ゆうえんち「話し合いを続けている」

   当初、署名は1000人を目標にしていたが、ツイッター等での拡散の影響もあり、15日深夜には2000人が集まった。賛同者からは

「悔しくて仕方がありません。このままでは終わらないし、諦めない。何年かかっても取り戻す。今そんな気持ちです」
「SMAPのいない世界なんて想像もできない。今は頭の中もぐちゃぐちゃですが、とにかくファンのみなさんと会いたいです。一緒にお祝いしたいし励まし合いたい」

といった声が続々と寄せられている。

   なお、主催者は15日夕方前に西武園ゆうえんちでの開催が正式決定したと発表している。16日にJ-CASTニュースが同施設を運営する西武レクリエーション(所沢市)に取材したところ、SMAPのファンイベントの申し込みがあったのは事実だという。ただ「決定事項ではありません」 (広報担当者)とのことで、現状は「話し合いを続けている(状況)」だと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中