2018年 10月 16日 (火)

自転車で子どもの足の「巻き込み事故」相次ぐ 国民生活センターが注意喚起

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   自転車に乗せた子どもの足が車輪に巻き込まれる事故が多発しているとして、国民生活センターは2016年8月18日にウェブサイトで注意を呼びかけた。

   これは「スポーク外傷」と呼ばれるもので、自転車の後ろの幼児座席や直接荷台に座っていた子どもの足が、後ろの車輪に巻き込まれる事象。こうした事例が過去5年間で172件あり、うち91件は通院が必要だった。年齢別では6歳未満の子どもの事故が90件だった。6歳未満の子どもについては、幼児座席を使用しない場合は危険性が高くなるため、国民生活センターでは、必ず幼児座席を使用するように呼びかけている。6歳以上の子どもについては、幼児座席を使用しても車輪に巻き込まれる危険性が高くなるため、同乗させること自体をやめるように呼びかけている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...