2018年 7月 20日 (金)

日本のメダル、過去最多の41個に リオ五輪

印刷

   リオ五輪で獲得した日本のメダル数が、計41個と過去最多になった。これまで最多だった前回ロンドン五輪の38個を超え、日本選手団の橋本聖子団長は2016年8月21日(現地時間)の会見で、「積み重ねた努力の成果が発揮された」と述べた。

   メダルの内訳は、金が12個、銀が8個、銅が21個。橋本団長は、史上初の五輪4連覇を遂げたレスリング女子58キロ級の伊調馨選手、バドミントンで初の金メダルに輝いた女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀ペアの逆転劇を特に評価し、「最後まで頑張るのは日本チームならでは」と賞賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中