2018年 12月 11日 (火)

蓮舫氏が語った民進党に「ない」もの 代表選前に現状分析

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2016年8月23日、東京・有楽町にある日本外国特派員協会で、民進党代表代行の蓮舫氏(48)が、9月7日に行われる民進党としては初となる代表選への意気込みを語った。

   「対案のある政党」と「人への投資」をキーワードに、スピーチと質疑応答をそれぞれ30分ずつ行った。

  • 代表選への意気込みを語る蓮舫氏(2016年8月23日 日本外国特派員協会にてJキャスト撮影)
    代表選への意気込みを語る蓮舫氏(2016年8月23日 日本外国特派員協会にてJキャスト撮影)

社会保障と教育を重視

   蓮舫氏はスピーチの冒頭で、

「民進党には多様な人材が居ます。そして政策もあります。残念ながら無いのは、信頼です」

と述べ、民進党がしっかりと対案がある政党だと強調。自らが代表となることで、「批判しかしていない」という党のイメージを変え、時間をかけてでも信頼を取り戻し、今回の代表選を政権選択や2大政党の始まりとしたいと語った。

   また、アベノミクスに関して「素晴らしいと思います。我々が出来ないことを全部やりました」と一定の理解を示しつつも、「この時代には通じなかった」とその成果については批判した。

   アベノミクスとの対比として、自身の政策のキーワードは人への投資であり、社会保障と教育を重視していることを強調した。

   同代表選に立候補表明したのは、これまでのところ蓮舫氏だけだが、前原誠司元外相の立候補を模索する動きにも注目が集まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中