2021年 6月 14日 (月)

「女性への欲求抑えきれなかった」 高畑裕太は「性依存症」だった?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

多くの女性と不倫関係を持ったタイガー・ウッズ

   性的嗜好障害で治療を受けた有名人のひとりが、米プロゴルファーのタイガー・ウッズだ。ゴルフで数々のビッグタイトルを獲得しながら、私生活では多数の女性と不倫関係を持っていた事実が明るみに出た。一時は大会の出場から遠ざかり、多くのスポンサーからは契約を解除され、妻とは離婚するなど、散々な目にあった。

   派手な女性遍歴で知られる米俳優のチャーリー・シーンや、在任中に女性スキャンダルが問題となったビル・クリントン元米大統領も性的嗜好障害だったとの指摘がある。

   回復するためには、専門医の治療を受けるしかない。日本国内のクリニックのサイトを見ると、定期的な通院での治療が可能で、夜間診療を受け付けているところもある。

   誰しも性欲はあり、性行為自体が問題ではない。だが、自分で性欲をコントロールできず他人をも巻き込むようになれば、痴漢や盗撮、果ては強姦といった重大犯罪になりかねない。自身の異変を感じたら、早めに医師のもとを訪れるのが一番だ。

姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中