2019年 10月 19日 (土)

【あのネットサービスは今】(8)
「スマホ向け」放送うたった「NOTTV」 対応端末増えず4年で幕

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本初のスマートフォン向け放送「NOTTV」(ノッティーヴィー)が2016年6月末、放送を終了した。NTTドコモのグループ会社が2012年4月に放送を始めたが、わずか4年という短命に終わった。

   続々と登場する動画配信サービスとの競合や、対応端末数が伸び悩んだ末に「今後の事業継続が困難」と判断された。

  • 放送開始時は2015年度までに500万契約を獲得し、単年度ベースでの黒字化を目指すとしていた(写真は2012年の放送発表会見)
    放送開始時は2015年度までに500万契約を獲得し、単年度ベースでの黒字化を目指すとしていた(写真は2012年の放送発表会見)
  • 放送開始時は2015年度までに500万契約を獲得し、単年度ベースでの黒字化を目指すとしていた(写真は2012年の放送発表会見)
    放送開始時は2015年度までに500万契約を獲得し、単年度ベースでの黒字化を目指すとしていた(写真は2012年の放送発表会見)

情報番組を毎日放送することが「売り」だった

   NOTTVは、アナログテレビ停波後に空いた周波数帯域を利用し、従来の放送のような「リアルタイム放送」と、番組を一時保存できる「蓄積型(シフトタイム)放送」の2種類の放送形態があった。そのうち3チャンネルあった「リアルタイム放送」では、TBSや日本テレビのCS局から番組供給を受けてニュース番組を24時間体制で流したり、毎日7時間の情報番組を独自制作したりすることが売りだった。

   AKB48のメンバーが東京・秋葉原のカフェから、平日は毎日生放送する「AKB48のあんた、誰?」などは安定した人気を誇っていた。月額視聴料金は420円(税別)で、放送開始時は2015年度までに500万契約を獲得し、単年度ベースでの黒字化を目指すとしていた。

   だが、契約者数は伸び悩み、ピーク時の15年3月末でも175万人にとどまっていた。放送終了が発表された時点の15年10月の契約者数は約147万件で、減少傾向に転じていた。

   ドコモの発表では、放送終了の理由を

「スマートフォン向けのインターネットなどによる映像配信の普及により、当初想定していた会員数の獲得に至らず、今後の事業継続が困難な見込みであることから」

と説明している。Netflix(ネットフリックス)、Hulu(フールー)、Amazon(アマゾン)のプライム・ビデオのほか、NTTドコモ自身が運営する「dTV」といった動画配信サービスが利用者を拡大するなかで、生き残りは難しいと判断したようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中