野党共闘「なしにできない」 共産・小池氏、前原氏の「リセット論」に反発

印刷

   民進党代表選に立候補した前原誠司元外相が野党共闘について「リセットすべき」などと主張したことについて、共産党の小池晃書記局長は、2016年9月5日の会見で、共闘を「なしという話にはならない」と反発した。

   小池氏は、政党間で約束したことは重いとし、民進党の岡田克也代表と野党間で選挙協力する合意を「4回ぐらい確認している」ため、共闘は「なしにはできない」と強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中