2021年 5月 10日 (月)

お坊さんじゃなくても気になる 「月刊住職」にポケモンGO対策特集

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ポケモンGOの襲来に各寺院はどう対処すべきか」――。仏教関係者向け専門誌「月刊住職」2016年9月号に掲載された、こんな内容の特集記事がインターネット上で話題を呼んでいる。

   仏教関係者以外からも「すごく読みたい」といった期待の声が相次ぐ、同誌の「住職向けポケモンGO特集」とは、一体どんな内容なのか。

  • 「月刊住職」のポケモンGO特集に「読みたい」の声
    「月刊住職」のポケモンGO特集に「読みたい」の声
  • 「月刊住職」のポケモンGO特集に「読みたい」の声

ポケモンGOは「お寺にとっていいものなのか」

   興山舎が発行する「月刊住職」は、1974年に創刊された専門誌。年間発行部数は2万部で、全国の住職の3人に1人が購読しているとされる。現役の住職が編集長をつとめるだけあって、仏教界をめぐるディープな記事を掲載。その踏み込んだ内容には、仏教関係者以外からも「攻めすぎ」「下手な一般誌より面白そう」などと注目が集まっていた。

   そんな月刊住職が、列島を熱狂の渦に包みこんだポケモンGOのブームに「住職の目線」で鋭く切り込んだ。16年9月1日発売の最新号に、「ポケモンGO来山に寺院の対処法」と題した特集記事を掲載したのだ。

   この特集を紹介した同誌の広告が、9月6日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)に掲載されたことで、ネット上では「なにこれすごく読みたい」などと大きな注目を集めることになった。ツイッターやネット掲示板には、

「相変わらず面白そうな特集やってるな」
「トレンドをしっかり抑えとる」
「別に住職じゃなくても読みたくなる」

などと好意的な反応が相次いでいる。

   このように多くの注目が集まっている月刊住職の「ポケモンGO特集」とは、一体どんな内容なのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中