リオパラリンピックが開幕 12日間の熱戦始まる

印刷

   障害者スポーツの祭典、パラリンピック・リオデジャネイロ大会の開会式が2016年9月7日夜(日本時間8日)、リオ市内のマラカナン競技場で行われた。15回目となる本大会は、初めて南米で開催される。約160か国から集まった4300人以上の選手が、18日までの12日間、熱い戦いを繰り広げる。

   日本からは17競技に132人が参加。車いすテニス女子の上地結衣選手(22)が選手入場で旗手を務めた。国ぐるみのドーピング問題でロシアは不参加となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中