2018年 10月 16日 (火)

大津市・行政訴訟、産経記者が原告会見録音を被告の市に提供

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   滋賀県大津市内に建設が計画されている競走馬育成施設をめぐり、地元の住民らが市の認可取り消しを求めた行政訴訟をめぐって、提訴後に原告側が行った記者会見のもようを録音したデータや配布資料を、産経新聞大津支局の記者が被告の市側に提供していたことが明らかになった。

   記者が被告の大津市側に提供したのは、住民ら原告側が提訴した2016年9月5日に市内で開いた記者会見時の内容。産経新聞社広報部は9月9日のJ‐CASTニュースの取材に、「取材過程において、記者の取材データの取り扱いに軽率な行動があったことは遺憾です。厳正に対処するとともに、改めて記者教育を徹底します」とのコメントを寄せた。

   詳しい経緯などについては、「現在、検証作業を進めているところです」と話した。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...