2018年 11月 14日 (水)

世界競争力ランキング、日本8位に後退

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ダボス会議の主催団体として知られる世界経済フォーラム(本部スイス)は2016年9月28日、2016~17年版の世界競争力ランキングを発表した。日本の総合順位は138の国・地域中8位で、15年の6位から後退した。

   1位は8年連続でスイス。2位はシンガポール、3位は米国となり、上位3か国は15年と変わらなかった。アジアでは香港(9位)や台湾(14位)、マレーシア(25位)などが上位にランクインした。

   日本はビジネス環境やインフラ分野では高い評価を得ているが、「雇用・解雇の容易さ」(115位)や「雇用における男女比率」(77位)、「優秀な外国人にとっての勤務場所としての魅力」(77位)などの評価は低く、報告書では「国内市場への参入や企業には高い障壁があり、相対的に閉鎖的」と指摘された。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中