2018年 11月 14日 (水)

「悲惨な登板成績」だった松坂 「本格復帰」の可能性と課題

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ソフトバンク松坂大輔の復活登板(2016年10月2日)は悲惨な結末だった。味方も相手もファンも言葉を失った。「平成の怪物」は立ち直れるのか。

   四球、死球、死球、押し出し四球...3連続タイムリー。松坂は楽天戦で8回に救援登板し、1回を3安打、4四死球、5失点。大リーグから日本に戻って初の登板の成績だった。

  • 松坂大輔が復活登板に臨んだ(画像はイメージ)
    松坂大輔が復活登板に臨んだ(画像はイメージ)

苦しい感想

「なんとアドバイスしていいのか、分からなかった...」

   投手コーチはそう振り返った。いきなり無死満塁。普通ならコーチがマウンドに行って間を置く。予想外の出来とはいえ、実績豊かな投手だけに足が動かなかったのだろうか。

   松坂の日本での登板は06年10月7日以来。3648日ぶりだった。

   その間、レッドソックスなど大リーグで投げていたことは承知の通り。西武から太平洋を渡ったときは「60億円契約」で大騒ぎされたものである。

   仙台での復活登板は惨めだったことは本人も認めている。

「投げられるようになったことが良かった」

   苦しい感想だった。試合後、工藤公康監督からこう伝えられたそうである。

「前向きに考えてくれ。自分もかつて同じような結果があった」

   3年契約であと1年あり、それが首をつなぎ止めている。監督からは、2軍で調整するように、とも言い渡されたという。ソフトバンクは今季、日本ハムに逆転されたが、クライマックスシリーズ(CS)に出場する。

「ソフトバンクは投手陣が息切れして日本ハムに負けた。監督とすれば松坂の経験を買って、CSのメンバーに、と考えたかもしれない」

   評論家の一つの見立てである。

冷たい勝負の世界の風

   気になるのは松坂の本格復活である。力で押すピッチングは期待できないだろう。球威は落ちているし、変化球も多彩とはいえない。この秋から来春までにどう新しいスタイルを作るのか。

   ソフトバンクは松坂と「3年、12億円」で契約している。投げたのは2シーズンで先日の1イニングだけ。その最大の理由は故障続きということである。5年前に右ヒジをトミー・ジョン手術。昨(15)年8月に右肩手術。投手にとっていずれも致命的とも思われる手術だ。

「これからどうするか考えたい。来年に向かって頑張る」

   松坂は決意をそう口にしている。日米でエースだった男のプライドがこのままでは許さないだろう。ファンもカムバックする勇姿を見たいはずである。

   俗に「松坂世代」という。松坂を中心に活躍した選手が、皮肉にも次々と戦力外通告を受けている。名前の知られるところでは、ヤクルトの新垣渚、DeNAの久保裕也、長田秀一郎らだ。36歳の秋、松坂らには冷たい勝負の世界の風だろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中