2018年 8月 19日 (日)

維新・松井一郎代表、「(民進・江田氏は)痴呆症」ツイートを謝罪・撤回

印刷

   日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が2016年10月6日、ツイッターで民進党の江田憲司代表代行を「痴呆症」と批判したことについて、「不適切な表現」だったと謝罪し、書き込みを削除した。

   削除したのは5日夜のツイート。江田氏が同日の記者会見で、維新について「ひたすら与党化が進んでいる」などと批判したことについて、

「可哀想に、この人痴呆症の症状が見受けられます」

などと書き込んでいた。

   この投稿について、松井氏は翌6日にツイッターで「痴呆症のくだりは、不適切な表現であり謝罪のうえ撤回致します」とお詫び。問題のツイートを削除した。

   「痴呆症」という呼称は、厚生労働省が2004年12月に「侮蔑的な表現」などとして「認知症」へと表現を改めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中