2018年 9月 25日 (火)

サムスン、ノート7の使用中止を呼びかけ 発火事故相次ぎ

印刷

   発火事故が相次いだことを受けて、韓国のサムスン電子は2016年10月11日、自社のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の使用中止をユーザーに呼びかけると発表した。

   この問題で、サムスンはバッテリーに不具合があったとして、ノート7のリコールを行った。しかし、交換後の製品からも発火が相次いだことから、中止を呼びかけることにした。発火の原因については、調査中だとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中