2018年 7月 21日 (土)

稲田防衛相の控訴棄却 サンデー毎日「在特会と近い」報道

印刷

   稲田朋美防衛相(57)が、週刊誌「サンデー毎日」に「在日特権を許さない市民の会」(在特会)を支持しているような印象を与える記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、発行元(当時)の毎日新聞社に550万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が2016年10月12日、大阪高裁であった。田中敦裁判長は、記事の違法性を否定した1審・大阪地裁判決を支持し、稲田氏側の控訴を棄却する判決を言い渡した。各メディアが報じた。

   サンデー毎日は14年10月5日号で「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」と題した記事を掲載。稲田氏の資金管理団体が、在特会の幹部に近い人物8人から寄付を受けたとして「在特会との近い距離が際立つ」と報じていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中