2020年 1月 28日 (火)

「瀬戸内48」にNMBの兼任希望相次ぐ 埋もれ組が夢見る「移籍」の成功

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   AKB48グループで、瀬戸内7県を運航する船上劇場を利用する「SETOUCHI=STU48」を開設することが突然発表された。具体的な内容はほとんど明らかになっていないが、瀬戸内から近い大阪を拠点にするNMB48のメンバーからは、早くも「兼任したい!」といった声が出ている。出身地のファンに恩返しができることに加えて、「チャンス掴みたい」というのがその理由だ。

   AKB48から地方のグループに移籍後、存在感を増したメンバーは多い。STUのスタートが、他の姉妹グループにどんな影響を与えるか注目されそうだ。

  • 「STU48」では、瀬戸内7県を船上劇場が運航するという(写真はイメージ)
    「STU48」では、瀬戸内7県を船上劇場が運航するという(写真はイメージ)

瀬戸内7県を運航する船上劇場

   「STU48」は、16年10月10日に開かれた「じゃんけん大会」終盤に発表された。分かったのは、兵庫、岡山、広島、山口、愛媛、香川、徳島の瀬戸内7県を運航する船上劇場が17年夏にスタートする、ということだけ。AKB48グループの運営会社による発表資料では、

「7県に囲まれる瀬戸内海を航行する船に劇場を作って活動する『SETOUCHI48』。グループ初の試みになる新しい姉妹グループ『STU48』は、2017 年夏から出航します」

と説明されており、「新しい姉妹グループ」ができることまでは明らかになったが、それでも分かっている情報は少ない。

   総監督の横山由依さん(23)は「まだ謎なことも多いですけど...」と戸惑い気味だったが、早くもNMB48のメンバーからは興味を示す声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中