2018年 10月 23日 (火)

脳卒中患者が安心して歩けるように 超小型軽量の歩行支援ロボット登場

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   早稲田大学と広島大学、機械製造業のスペース・ライブ・ラボラトリーズは共同で、脳卒中後の片足麻痺の症状に悩む患者向けに超小型軽量の歩行支援ロボットを開発、2016年10月17日から医療機関や福祉施設へ発売を開始する。

   開発したのは「RE-Gait」(リゲイト)と名づけられたロボット。「再び(RE)歩く(Gait)」の意味が込められている。

  • 超小型の「RE-Gait」(早稲田大学の発表資料より)
    超小型の「RE-Gait」(早稲田大学の発表資料より)

ズボンの裾の中に隠すことができる

   早稲田大学が2016年10月4日に発表した資料によると、「RE-Gait」の最大の特徴は、足首の関節を補助するだけで正常歩行に導き、かつ使いやすさを重視し超軽量化を実現したこと。足首にのみ装着し、片足で約1キロの重さしかない。患者の歩行パターンに応じ、アシスト機能をプログラミングし、適切なタイミングで歩行を助ける。装着器具もズボンの裾の中に納まる超小型サイズで、衣服の中に隠すことができる。

   脳卒中は「介護が必要となる原因」の1位で、寝たきりになる原因の4割が脳卒中などの脳血管疾患だ。脳卒中の患者は、足の振り出しや屈曲動作が十分にできないため、歩行のリハビリテーションが不十分なまま退院し、自宅で転倒したりして寝たきり状態になる人が少なくない。共同チームは、病院や福祉施設での歩行訓練に役立てようと8年間かけて開発してきた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...