2018年 8月 19日 (日)

鉄パイプ落下、通行中の男性が死亡 東京・六本木

印刷

   2016年10月14日午前、東京・港区六本木でマンションの工事現場から鉄パイプが落下し、歩行者の男性(77)の側頭部に刺さり、死亡した。11階建てのマンションは解体中で、10階部分から長さ約1.9メートル、直径約4センチメートルの鉄パイプが落下した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。いっしょに歩いていた妻(73)にケガはなかった。

   落下物を防ぐ防護柵の一部が外されており、鉄パイプはその隙間から落下したとみられている。

   現場は交通量が多い六本木交差点の近く。警視庁麻布署は、工事の安全管理が不十分だったとみて捜査を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中