2018年 7月 21日 (土)

皇后さま82歳に 陛下の「生前退位」に文書で言及

印刷

   皇后さまは2016年10月20日、82歳の誕生日を迎えた。この日に先立ち、宮内記者会の質問に文書で回答し、8月の天皇陛下の「お気持ち」表明についても言及した。

   皇后さまは文書の中で、「私は以前より、皇室の重大な決断が行われる場合、これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり、その配偶者や親族であってはならないとの思いをずっと持ち続けておりました」とご自身の立場を説明。その上で「皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました」と述べた。

   天皇陛下の「生前退位」の意向をめぐっては、7月13日にNHKが初めて報じ、主要紙もこれに続いた。

   皇后さまは、当時の報道について「新聞の一面に『生前退位』という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした」と振り返り、その理由を「それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので。一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません」と明かした。

   文書にはこの他、1年の間に日本各地で起きた自然災害の被災者をいたわる言葉や、フィリピンで戦没者慰霊を実現できたことへの感謝の言葉などがつづられている。夏のリオ五輪・パラリンピックで活躍した選手たちや、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典博士などにも触れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中