2018年 8月 16日 (木)

宇都宮の祭り会場で相次ぐ爆発 直前に住宅火災、ネットは謎にざわつく

印刷

   2016年10月23日11時半ごろ、宇都宮市の宇都宮城址近くにあるコインパーキングなど計2か所で爆発が相次いだ。この爆発で死亡したとみられるのは元自衛官の男性(72)で、公園内にいた3人が重軽傷を負った。

   複数の報道によると、亡くなった男性の靴下から遺書が見つかっているほか、爆発の数十分前に男性の自宅が火災で全焼している。火災と爆発、そして遺書の関係は18時の時点で報じられていない。

  • 一体、現場で何が起きたのか(C)2016 SK telecom, ZENRIN
    一体、現場で何が起きたのか(C)2016 SK telecom, ZENRIN
  • 爆発の起こった宇都宮城址公園(Wikimedia Commonsより)
    爆発の起こった宇都宮城址公園(Wikimedia Commonsより)

男性が遺書に「命を絶って償います」

   家族連れなどで賑わう休日の宇都宮城址公園に、突如爆発音が響いた。爆発があったのは、城址公園内の駐輪場付近と、そこからおよそ150メートル離れたコインパーキング。そこに止まっていた乗用車は炎上し、公園内にいた男性3人が負傷した。また、駐輪場付近から損傷の激しい男性の焼死体が見つかった。報道を総合すると、焼死体の身元は市内に住む72歳の元自衛官とみられている。

   また、産経新聞の23日付け電子版記事によると、元自衛官男性の靴下には「命を絶って償います」などと書かれた遺書のようなものが挟まれていたという。加えて、コインパーキングで燃えた車に男性名義のものがあり、爆発が起こる数十分ほど前には男性の自宅が火災で全焼していたとも報じられている。

   一方、男性と爆発の関係は23日18時までに報じられていない。爆発物の詳細や男性の死因も、今のところ分かっていない。まだ情報が錯そうしている段階で、ツイッターには

「なんだか謎が多い事件。」
「謎が謎を呼ぶ」
「謎が深まるなあ」

といった声が寄せられている。

   なお、宇都宮城址でこの日開かれていたイベント「宇都宮城址まつり」「宇都宮伝統文化フェスティバル」は爆発の影響で中止となった。市公認ゆるキャラ「ミヤリー」も爆発の起こった後、

「宇都宮城址まつり 宇都宮伝統文化フェスティバルは中止になりましたのでミヤリーの出演はありません」

とツイートしており、ファンから心配する声が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中