2020年 1月 18日 (土)

宇多田ヒカル「東京は子育てしにくそう」 「ベビーカーに嫌な顔」日本人は冷たい?

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんがテレビ番組で、「東京は子育てしにくい」と発言した。友人から、子どもと外出した際に嫌な体験をしたことがあると聞いたという。宇多田さんは現在、2015年に生まれた長男をロンドンで育てているが、現地では「子連れでどこに出ても嫌な顔はされない」。

   内閣府の調査でも、海外で育児経験のある日本人の多くは「海外の方が赤ちゃんや子連れに優しい社会だ」と考えているという結果だった。日本社会は、そこまで育児に無理解なのだろうか。

  • 東京は子育てに不寛容なのか?
    東京は子育てに不寛容なのか?

「赤ちゃんが生まれて国が成り立っていくのに」

   宇多田さんは15年7月3日にブログで出産を公表して以来、ツイッターでも育児についての投稿が多い。2016年10月20日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のインタビューで、「日本で子育てしたことがないので、私の認識が間違っている可能性もありますが」としながら、東京で育児中の友達に聞いたという話を紹介した。

「東京って、なんて子育てしにくそうなんだろうと、ビックリします。外で赤ちゃんが泣いていたらすごく嫌な顔をされるとか、ベビーカーで外に行って乗り物に乗ると、周りがまったく協力してくれない上に、『なんだよ、こんな時間に...』みたいな視線を投げかけられたり、実際に何か嫌なことを言われたり、という体験談を結構聞くんですよね」

   そして、「赤ちゃんが生まれて国が成り立っていくのに、その赤ちゃんが将来自分の年金を払う人になってくれるのに、なぜそんなちょっと泣いているぐらいで嫌な気持ちになるんだろうって、すごく不思議です」と語った。

   一方ロンドンは、「公園やレストラン、お店でも、お母さんと赤ちゃんがそこら中にいるんです。レストランで授乳も全然しますし、嫌な顔は何もされないです」と明かす。宇多田さんは、育児に対する理解の高さはロンドンに軍配を上げた。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中