2019年 1月 23日 (水)

ぐずる赤ちゃんがピタリ泣き止む ウワサの動画・番組を検証した

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「抱っこやあやしはほとんど効果がないのに」

   埼玉県の20代女性は、「息子が泣いた時の定番」として、TOKYO MXなどで不定期放送されている「ごはんかいじゅうパップ」の動画を見せていると話した。30~60秒のアニメで、「パップ」と「おかずかいじゅう」の「戦い」がユーモラスに描かれている。軽快なメロディーは常に同じだが、おかずかいじゅうによって歌詞やアニメが変わるため、曲数は多い。

20代女性「私の抱っこやあやしはほとんど効果がないですが、何気なく『パップ』を見せた時に直前まで泣いていたのがニコニコになりました」

   生後半年~1年ぐらいのころに、よく見せていたそうだ。

   テレビ番組で、赤ちゃんの「ぐずり」を解消していると話すのは、神奈川県の30代男性だ。娘が生後10か月前後で、母親が近くにいなくなるとよく泣いたため、「切り札」に使ったのがEテレの乳幼児向け番組「いないいないばあっ!」や「おかあさんといっしょ」だった。番組が始まって音楽が流れると、不思議なほどに「すぐに泣き止んでいました」。番組の録画をためておいて、ぐずり始めるやすぐにテレビ画面を切り替えたそうだ。

   男性の義弟夫婦も以前息子に同じ番組を見せたところ、やはりすぐに泣き止んだという。

   取材した3人の口からは出なかったが、以前から「赤ちゃんが泣きやむ」として知られているのが、財津一郎が登場する「タケモトピアノ」のCMだ。「もっともーっと、タケモット」「ピアノ売ってちょーだーい」とのフレーズが登場する、インパクトの強い2種類の映像で、今もしばしばテレビで流れる。

   同社ウェブサイトでは、前出の日本音響研究所がCMの解析を行った結果が出ていた。「音がランダムで飽きない」「本能的に振り向く音が多い」「音楽の途中でリズムが変わる」と、赤ちゃんの興味を引くポイントが詰まっているとしている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中