富山市議補選が告示 政務活動費の不正受給で12人が辞職

印刷

   政務活動費の不正受給問題で12人の議員が相次いで辞職した富山市議会(定数40)の補欠選挙が2016年10月30日告示され、新人25人が立候補を届け出た。県議選出馬に伴う欠員1を含めた13議席を争う。投開票は11月6日。

   立候補者の内訳は、共産党2人、日本維新の会3人、社民党3人、諸派1人、無所属16人。不正による辞職者はいずれも立候補していない。辞職者が出た自民党は公認候補の擁立を見送ったものの、無所属のうち5人に推薦や支持を出した。一方で、同じく辞職者を出した民進党は候補者の擁立を見送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中