キンコン西野、プロ絵本作家に「挑戦状」 ナメた作品「勝たないと話にならない」

印刷


   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんは絵本作家としても活躍中だ。副業とはいえ、繊細なタッチと独特の作風は「芸人の片手間」レベルではない。その理由を、真剣な顔でこう話す。「プロの絵本作家に勝たないと話にならない」。2度、繰り返した。

   強固な意志は、子どもの頃の「絵本って子どもをナメてるよな」という感覚に基づいているようだ。

炎上すら「おいしいし、宣伝になる」

キングコングの西野亮廣さんは絵本作家としても活躍している
キングコングの西野亮廣さんは絵本作家としても活躍している

   西野少年は、細かく描き込まれたアニメ映画や、プラモデルのパッケージイラストに迫力を感じていた。一方、「絵本はみんな柔らかいタッチで話も退屈だった」。だから、「ナメてる」と思った。

   「子どもの頃の僕も、今の僕も、本当にオモロイと思える絵本を、手加減抜きで作る」と決めた。しばしば「炎上」する西野さん、それすら「おいしいし、宣伝になる」。絵本のためなら、どこまでもしたたかだ。(2016年11月4日、東京都内でインタビュー)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中