2018年 8月 15日 (水)

小林麻央、「生きる!」宣言 読者のメッセージに「心が晴れました」

印刷

   「『生きたい』ではなく、『生きる!』のでした」――。乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が2016年11月4日、こんな前向きな思いをブログにつづった。

   麻央さんは前日のブログで、「生きたい。もっともっと思い出をつくりたい」「どうしたら、その願いが叶えられる」などと切実な胸の内を明かしていた。こうした麻央さんの苦悩を和らげたのは、ブログの読者から寄せられた「メッセージ」だった。

  • 「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん
    「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん

前日ブログのタイトルは「疲れる」だったが...

   3日の麻央さんのブログは、「疲れる」というタイトルだった。記事は、思い出の公園を歩いていた際に、ふと強く「生きたい」と思ったという麻央さんの心境を赤裸々につづったものだ。

「もっともっと思い出をつくりたい。今までの光景がパラパラ漫画のように心に流れて、このずっと先のページにもいたいと、強烈に感じました」

   そんな切実な思いを書き連ねた上で、「どうしたら、その願いが叶えられるか、どこに方法が隠されているのだろう」と複雑な思いを吐露。末尾では、「頭も心も急にふる回転。そして、ただ疲れただけで、意味がありませんした」としていた。

   こうしたブログのコメント欄には、読者から続々と励ましのメッセージが寄せられた。なかでも、麻央さんの心に響いたのは、

「『生きたい』ではなく『生きる』と思って下さい」

という言葉だったという。

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてる」

   麻央さんは翌4日、「生きる」というタイトルでブログを更新。「皆様、メッセージありがとうございます」と感謝を述べた上で、「『生きたい』ではなく...」とのコメントに触れた。

   こうした言葉を見て、心が晴れたという麻央さん。「『~したい』だといつまでも、そうなれるよう未来を追いかけ続けなくてはいけないですものね。それは疲れます」とした上で、

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてると思うと、自信が湧きます。大丈夫!」

と前を向く気持ちを綴った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中