2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

小林麻央、「生きる!」宣言 読者のメッセージに「心が晴れました」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「『生きたい』ではなく、『生きる!』のでした」――。乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が2016年11月4日、こんな前向きな思いをブログにつづった。

   麻央さんは前日のブログで、「生きたい。もっともっと思い出をつくりたい」「どうしたら、その願いが叶えられる」などと切実な胸の内を明かしていた。こうした麻央さんの苦悩を和らげたのは、ブログの読者から寄せられた「メッセージ」だった。

  • 「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん
    「生きる!」と力強く宣言した小林麻央さん

前日ブログのタイトルは「疲れる」だったが...

   3日の麻央さんのブログは、「疲れる」というタイトルだった。記事は、思い出の公園を歩いていた際に、ふと強く「生きたい」と思ったという麻央さんの心境を赤裸々につづったものだ。

「もっともっと思い出をつくりたい。今までの光景がパラパラ漫画のように心に流れて、このずっと先のページにもいたいと、強烈に感じました」

   そんな切実な思いを書き連ねた上で、「どうしたら、その願いが叶えられるか、どこに方法が隠されているのだろう」と複雑な思いを吐露。末尾では、「頭も心も急にふる回転。そして、ただ疲れただけで、意味がありませんした」としていた。

   こうしたブログのコメント欄には、読者から続々と励ましのメッセージが寄せられた。なかでも、麻央さんの心に響いたのは、

「『生きたい』ではなく『生きる』と思って下さい」

という言葉だったという。

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてる」

   麻央さんは翌4日、「生きる」というタイトルでブログを更新。「皆様、メッセージありがとうございます」と感謝を述べた上で、「『生きたい』ではなく...」とのコメントに触れた。

   こうした言葉を見て、心が晴れたという麻央さん。「『~したい』だといつまでも、そうなれるよう未来を追いかけ続けなくてはいけないですものね。それは疲れます」とした上で、

「もう『生きる』道を選んで、既に歩いてると思うと、自信が湧きます。大丈夫!」

と前を向く気持ちを綴った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中