2019年 12月 15日 (日)

「T字路」、本来は「丁字路」  ヒルナンデス!炎上で発覚した芸能人の語彙力

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   直角に交わった三叉路のことを、日本語では本来、「丁(てい)字路」と呼ぶ。

   しかし、現在はアルファベットの「T(ティー)」を用いた「T字路」がよく使われるため、お年寄りなどが「ていじろ」と発音しているのを聞き、なまっている、と誤解する人もいる。そんな勘違いから、芸能人がテレビ番組でお年寄りの丁字路発言を笑いものにしたとして、インターネット上で「炎上」騒ぎが起きる事態になった。

  • 「T字路」と表現しても問題は無い(写真はイメージ)
    「T字路」と表現しても問題は無い(写真はイメージ)

そのリアクションっていじめだよね?

   問題の番組は2016年11月4日放送の日本テレビ系情報番組「ヒルナンデス!」。この日は群馬県高崎市を起点として話題の店を訪ね歩く企画だった。上信電鉄上信線の「吉井駅」に降り立った出演者4人が小龍包の入ったパンを売る店を探して道を歩いていた時に、男性のお年寄りに道を尋ねた。男性がパン店の名前を「パリジャン」というと、お笑い芸人の陣内智則さんが、

「まさか、お父さんの口からパリジャンという言葉が出るとは・・・」

と驚いて見せた。さらに、このお年寄りが、

「信号があるよね?それを左に曲がって道なりにずーっと行くと、丁字路になるんですよ」

と道案内をすると、陣内さんは、

「ていじろ、ですか?」

と聞き返した。そして、またお年寄りが「丁字路」と言うと、今度は一斉に出演者4人が笑った。道すがら4人は「丁字路」がよほど気に入ったのか「丁字路」と「T字路」を交互に言いながら歩き、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコさんは、

「丁字路に持って行かれて、ちゃんと(道案内を)聞いていませんでしたね」

などと語ったことで、また出演者4人の笑い声が響いた。

   これが「炎上」の始まりで、当初は「お年寄りをバカにするのは許せない」といった批判がツイッターや掲示板に出た。しかし、お年寄りがなまっていると思っている人も多く、画面上にしつこく「丁字路」という文字が出たことに関しても、番組スタッフが総出でお年寄りをネタにしようとしているとし不快感を示していた。

   しかし、そのうち、ネット上では「丁字路」は間違いではないという指摘が出るようになり、ツイッターや掲示板には、

「丁字路が正しいかどうかよりも、教えてくれた人を笑いものにするセンスが嫌」
「T字路でも丁字路でもいいけど、そのリアクションってとらえ方によってはいじめだよね」
「何の罪もないお年寄りを笑い者にするようなタレントと、それをことさら強調して晒し者にした番組は許さない」

などといった批判が連投された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中