2018年 10月 20日 (土)

「温泉」界のセンターはどこだ 初の「温泉総選挙」、結果発表

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「温泉」界のセンターをとるのは、どこだ――環境省・観光庁が後援し、官民で初めて行った「温泉総選挙2016」の結果を、主催の「日本プロジェクト」が2016年11月10日、発表した。

   全国104自治体の125温泉地から応募があった。今回発表したのは、8部門それぞれの上位5位まで(他に8個の各メディア賞も)。各部門の1位は、たとえばリフレッシュ部門では群馬県「みなかみ18湯」だった。他に、ファミリー部門は群馬県「草津温泉」、インバウンド部門は兵庫県「城崎温泉」、女子旅部門は愛媛県「道後温泉」など。

   今回は、日本温泉協会などで構成する選考委員会が評価を行った。次回以降は、一般の人による投票を行う予定。11月25日に東京都内で表彰式があり、当日は環境大臣賞も発表される。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...