宮崎駿監督「ブチ切れ」説教 ドワンゴ川上量生氏に「極めて不愉快」

印刷

   スタジオジブリの宮崎駿監督に密着したNHKのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿」が2016年11月13日に放送された。... ...
[記事に戻る]

001
ふぅ~む 2016/11/14 17:54

お互いのアニメ感は相容れないんだよね!水と油みたいな!? アニメ製作者って一種の芸術家だから同じ意見の人は居ないと思う。企画ミスだと思うな!

002
007 2016/11/14 18:53

私は見たけど クネクネと尻尾切られたトカゲが動くアニメに吐っ気した。
基本的にアニメ表現は何でも許されるものじゃない!
作り手のヒュマニズムがなければ社会を敵に回すだけだ。
手塚以来には 人間の精神スピリットが溢れていた。これをぶち壊す作品は許せない!

003
で、NHKは? 2016/11/14 19:17

NHKは、
なぜ、
その場面を、
取り上げたの?
無責任に面白がって、
話題作りに、
放送したのかな?
出演者二人は、
放送を、
了解していたの?
(事前検閲だなんて、言わせない。)

004
えーとね 2016/11/14 19:35

今年か去年の東京ゲームショーのドワンゴのブースに展示してあった進化AIシミュレーションゲームの話か(笑)。お年寄りがAIブームに恐れをなしているんだよなー。

005
パヤオは 2016/11/14 20:24

脅威を感じると全力で潰しに来る狭量さがある。
細田守をハウルの動く城の監督に祭り上げておきながら、スタッフに協力させずに頓挫させて潰そうとした話は有名。

006
不良品 2016/11/14 20:56

進化型AIもコントロールする人間が浅はかなら出来は知れてる。
>4 浅はかに笑うが良い見本だ。
AIの倫理について世界の技術者が会議を続ける。
果ては屑のCGチーム。
偶然出来た
(これしか出来なかった)
進化AIを何とか使うしか無いってね。
駄目なAIだよ(´Д`)

007
いつの間にか 2016/11/14 21:01

ジブリに入社した頃の
川上さんは、
コラムを、
週刊誌に書いていたけど、
いつの間にかなくなったなぁ。(←詳しく探してないけど)
(正直、つまんなかったけど、
それは、今関係ない雑感)
川上さんは、
ジブリの中で、
ジブリのスピリットを、
他人に表現してみせるほどに、
肉薄できてなかったんじゃ、
ないかなぁ。

008
003へ 2016/11/14 21:01

「放送を了承」もなにも、そもそも放送される前提でカメラ入れてるんじゃないの?
部外者に見られてはいけない会議であるなら、最初から撮影NGにするでしょう。
ジブリ側もドワンゴ側も、あのシーンに不都合あるなら収録後にちゃんと伝えるでしょうよ。

009
>002 2016/11/14 21:22

それだけ「気持ち悪い」と思わせたんだったら、それは技術デモとして大成功ってことだな。
ただ宮崎のおじいちゃんが作るものには不必要だというだけ。
世の中にはゾンビを題材にした創作物が山ほどあるし、将来そういうものに使える可能性もあるだろう。

010
あのな 2016/11/14 21:29

ゾンビ映画なんてジブリスタッフが嫌いそうなものを持ってく川上がそもそも悪い。

011
批判を覚悟で書き込みます 2016/11/14 21:43

宮崎氏が決して神や仏に近い仁徳者とは言いませんが、
ドワンゴの社長(さらにITの寵児ともてはやされている方々)の
顔つき目つきがその人となりを表してはいないでしょうか?
批判を覚悟で書き込みます、どうぞ、批判否定批評を展開してください。

012
ワンパック 2016/11/14 21:52

これは難しいな。ちょっと正解が思い浮かばない。
尊厳、とか言われればそれはそうだと思うけれども、でも、何かしら限界を超えるって、それも映像表現のようなふわふわと実体の無い、どうにでもなるものの『更にその向こう側』へ行くのって、そんな一筋縄ではいかないんじゃないか、という思いのほうが強い。
無数の失敗の中の一つ、でもその失敗が無ければ成功もまた無い。作り手本人なら「ああこれ駄目」の一言でいいと思うけど、そのプロセスを覗かせてもらっている立場ならそんな試行錯誤も楽しめるあるいは参考になるだろうと思うよ。

013
つまらん 2016/11/14 22:21

宮崎駿が時代についていけないだけな。

014
奇声・江原っちょ 2016/11/14 22:34

そのモニターする場面を見たとき、俺は非常に不愉快になった。画像の悍ましさはもちろん、それをプレゼンテーションのサンプル画面にし、それを宮崎駿氏に見せようとした人間の無神経さ。そして宮崎駿氏に激怒されても悪びれることもない“集団”。ゾッとした。
そして、宮崎駿氏が激怒されたことには安心した。もしあれをスルーでもされたら、これまでの宮崎駿作品の価値が木っ端みじんとなる。
あのプレゼンテーションをした人間たちを見てると、ほんとに日本人の低落したサンプルを見るようで、情けなかった。
ドキュメンタリーでは、宮崎駿氏は偏屈人間として振る舞ってはいるが、結局宮崎駿氏の伝えたい事は〈当たり前の人間であること〉の大切さなんだと思った。
〈当たり前の人間であること〉ができない人間がこのごろ異常に増えているのを宮崎駿氏は憂えているのだろう。──それが新たな長編作作成への動力となるのかもしれない。

015
ぬるぬる 2016/11/14 23:24

もう出涸らしの出番は無いってよ

016
クリエイターとは? 2016/11/15 01:06

本文中にも書かれている言葉で言えば、ドワンゴ側は「頭が大事という概念がない」人間の集まりだということ。
そもそも、何を人工知能に考えさせるのかというものがないから、あんなものをドヤ顔でプレゼンできるのだと思う。
実際に放送されたものでは、「どこにたどり着こうとしているのか?」という鈴木プロデューサーの問いかけに対し、ドワンゴ側の人物が「人工知能に人間のように考えさせる」って感じのことを答えてた。
結局このやり取りにすべてが凝縮されていて、人工知能に人間のように考えさせる時、その人工知能に考えさせた人間は一体何をするのかということなんだと思う。
「人工知能に考えさせました! どうです、面白いでしょ!?」って感覚が、クリエイターとしての宮崎さんや鈴木さんの感覚とは違っていたということなのではないか。

017
ジブリ=宮崎サン 2016/11/15 01:23

あの頃から【ジブリは変わった】。宮崎さんと宮崎さんを慕うスタッフたちがいて『ジブリ』なわけです。Dワンゴといい、現社長といい、改宗したくらい染まったいや?最初からそう目論んだのか?プロデューサー等々など…後半から宮崎さんと前からいるスタッフ以外は、【S学会信者または創始者の熱狂的カリスマの経営者】は有名な話。以降、宮崎さんは居場所がリラックスしたり没頭できないのではなかろうか…。私なら、やる気力を殺がれた感じですよ。どうしたジブリ。日テレも然り。

018
AI 2016/11/15 01:47

そういやあ、AIがさ「人類を抹殺(消滅)させる」だったかな問いへの答えがこれだって、技術者が報道の何かで話してた。簡単にヤられるよ地球上の生命体すべて…

019
進化型AIに 2016/11/15 05:09

宮崎駿を喜ばせるって機能を組み込んでみたら?

020
Handle 2016/11/15 06:50

そのCG、シドニアとかベルセルクのアニメ製作しているところに持っていけば良かったんじゃないのか。少なくとも宮崎監督に見せるような映像ではないとは思う。
そもそも私は人までCGで作られているアニメにまだ慣れないから当然あのCGも無理だった。(人がCGで動いてるのですら気持ち悪い…)

021
けせらせら 2016/11/15 07:10

単純にAIによる動作エンジンの描画対象を人間等の脊椎動物を充てるからおかしいのであって、これがもしも「タコないしはクトゥルフのこの世ならざる者の動きをAIで確証してみました」だったらここまで不興を買うこともなかったと思うねぇ。
結局ドワンゴって悪い意味で「大人になろうとしない集団」だっただけじゃない?

022
というか 2016/11/15 07:41

宮崎氏をダシにして
話題を作ろうとする野心に
すでに器量なさを感じる。

海外との競争は厳しいぞ。


話題で稼ぐのでなく、行動で稼げよ。

023
あの番組を見て 2016/11/15 09:31

宮崎をぶん殴ってやろうと思った元関係者は結構多いと思うんだが。
まあ、宮崎は凄い。発言を文字化しても、推敲して書かれた文章のようにまとまっている。一方、川上の発言を改めて文字で読むと、プレゼンの真意が全く伝わらない。
こういう言語力の差はでかい。古市あたりも、発言を文字で読むと何を言いたいのか全く分からない。
言語が全て、論理ではなく雰囲気から発せられているような気がする。
宮崎の言う通り、文明の終焉は近いのかもしれない。

024
NoBody 2016/11/15 12:10

人工知能という「生命のない物」が作っているものと、「生命あるもの」を大事にする宮崎駿の感覚が一致するわけがない。単にプレゼン先が間違っているというだけのこと。
016が書いているように鈴木プロデューサーの質問に彼らが「人工知能に人間のように考えさせる」と答えていたのだとしたら甚だ間違っている。記事にもあった「人間が想像できない、気持ち悪い動きができるんじゃないか」の方が正解だろ。
人工知能に限らず安っぽいアニメツールで作ったCGの動きは違和感を感じる。
それは人間が自然だと判断できないような動きをするから。
だから今回のAIが作ったアニメに宮崎駿が嫌悪感を感じるのは正解で、むしろ大成功だと思うべき。
そういう人に嫌悪感を感じさせる、気持ち悪い動きをさせるために使うんだ、と堂々と言えば良いのだ。
だけど、宮崎アニメはそういうのを求めていない、っていう価値観の違いなだけ。

025
予定調和の思考実験だろw 2016/11/15 12:47

1.宮崎氏はAIの限界、
人間の関与の必要性を指摘したかった。
2.技術陣も同感でワザとやった。
3.アニメはAI丸投げには出来ない。
↑ココがポイント!
個人的には人材育成の観点から
フルアニメーションは
必要。
それが、センスを育てる。
同時に、フルアニメーションは
高コストで一般的に低予算のアニメだと
人件費を低く抑える業界の慣行があるから、
その意味でCGやAIは労働者を軛から解放する
イノベーションでもある。
当たり前の事だが、イノベーションは
人が制御するから福音をもたらすものでしかない。
まぁ、そんなところでしょ。
但し、巨視的にはAIは単純労働市場を駆逐する。
ともかくも、
日本アニメーションも然るべき予算で作成されるべき。
その為には、
大人むけアニメーション市場を開拓すべきだ。
誤解の無いように釘を刺すが、
大人アニメーションとは
攻殻機動隊のようなアニメーションだ。
海外市場のアニメーションへの
偏見を変える
ソーシャルマーケティングが
必要。
それが、
クールジャパンの生きる道!

026
AI子 2016/11/15 14:04

なんかネットでも話題になっていたのだけど見てなかったのだよなあ、この番組。
他の方のコメントを見ると、意図があってのヤラセに近い内容だったってこと?
それより、これを読むと「ソンビゲームに使えそうな動きがとにかく気持ち悪いCG見せたら」、駿さんが友人男性を思い出したってこと?
不快だと言いながら、その友人がそういう「気持ち悪い動き」をすると思ってたことを吐露しちゃったの?
そういうこと言う駿さんにドン引きするよ。

027
単なる介護士 2016/11/15 15:12

「ゾンビの動きに利用出来るのでは?」と気持ち悪い動きのモノをプレゼンした川上氏も少し配慮が欠けた行為だったかも知れない。しかしそれを見て、障害者の知人が浮かぶ宮崎駿さんに幻滅した。恐らくその様な差別的気持ちが作品の何処かに描かれているからだろう。昔から宮崎アニメが受け入れられなかった理由が分かった気がする。

028
26さん 2016/11/15 17:35

宮崎駿さんは プレゼンした人が言った『気持ち悪い動き』という言葉に 人に対する尊厳みたいなものを感じられず 哀しかったのだと思う。

障がいを持つ方が歩く時(移動しようとする時) 似た動きになることがある。宮崎駿さんは だから友人を思い出して それを『気持ち悪い動き』と 表現されて(宮崎駿さんは思っていない) 少し感情的になったのだと思う。

029
すぴ 2016/11/15 23:28

議論すべき点を明確に指摘した監督は流石です

030
あの動き 2016/11/16 02:56

あの動きを面白がれる浅さ。二足歩行の人間の骨格と筋肉のままあのような匍匐をやらせるためには、相当粗いデータと粗い計算をやらない限り不可能である。

彼らの「痛覚を消してみた」が、極めて暗示的であることに、気づいてほしい。何十年後には、この国に大量の不具廃疾者が出現しているだろう。これを予見した彼ら、そこを編集で切らずに放送した製作サイドの炯眼を評価したい。

031
悪くはなかったと。 2016/11/16 08:26

お互いに目指す所が違ったよう。
確かに気持ち悪い生物だったけど、それを表現した技術は悪くはないだろう。
ただ宮崎監督は生命の営みについて、クリエーターに(これスゲー)以上の尊厳を持って欲しかったんだと思う。
それをどう受け取るかは、また個々によるだろうけど。

032
なんとなく 2016/11/16 15:06

「人間からかけ離れた動きをする生物」=「卑しい存在」とするよりも、
「人間からかけ離れた動きをする生物」=「崇高な存在」とするパターンが多いような気もする。
見下し感情を想起する「動きが気持ち悪いからゾンビに」ではなくて、
下から目線で恐れおののく「動きに恐怖を感じるからゾンビに」の方が良かったのかもね。
「気持ち悪い存在価値の低いゾンビだから、ゴミ掃除気分で気軽に攻撃できる」という見下し感情をくすぐるコンセプトのゲームを、現実とゲームの境界を区別しない人がしても困るだろうし。

033
とくめい 2016/11/16 16:02

宮崎氏は単に「(自分が)不愉快」「手を組むつもりはない」「勝手にやって」と言ったのであって
開発をやめるべきと言ったわけじゃない。
どちらが正しいも何もないだろう。
自分が目指すものをやればいいだけ。
批判とか言ってる人は白黒つけたいのかもしれないけど、別に宮崎氏は白黒つけたいわけじゃないだろうに。

034
寸足らず 2016/11/16 20:27

進化型AIなんてプログラマー次第で出来が変わるだろ。

今回は未熟なプログラムしか作れず、設定出来無い項目多数で中途半端なAI発進。
出来たのが気持ち悪いモノになった。
しかし、これしか作れない
売り込むべさって展開。

プログラマー替えてやり直せよ

035
ハリウッド 2016/11/16 20:47

日本の現状って結構情けないんだね。方向性を持たせることが出来ないAIかよ(呆) 何?作るつもりだった?偶然頼み?ってか技術が無いのに作るのか(呆) んで、あの「しょうもない出来損ない」を使える作品を作ってよって、よく言うわ。  

036
ななみく 2016/11/16 23:21

観ました。
人間が不可能な動きをさせたのではなく、人間が可動できる動きを痛覚のない状態で再現すると、ゾンビのような気持ち悪い動きになった、と私は理解しました。

ですので私も宮崎駿さんと同じ感覚に陥りました。
実際、知り合いの障害者と近い動きに感じるところもありました。

ある障害者にとって、移動の形として当たり前の動きを、彼らが気持ちの悪いゾンビの動きと表現したことに宮崎駿さんも憤慨したのだと思います。

あれを観て障害者を思い浮かべる宮崎駿に差別意識が有るのでは?と書かれている方は、本質的に考え違いをされています。


人間が絶対にできない動きを表現して、それが気持ち悪い動きとされたのなら、宮崎駿さんも「私は嫌いだ」だけの感想で済んだのだと思います。

037
だから? 2016/11/17 01:39

宮崎の爺さんは大嫌いだけど。

よくぞ、言ったと思った。

映画、アニメは視聴者に言い訳が出来ない、
一方的なコミニュケーションツールみたいなもの。

川上が反応を想像出来なかった時点で、
表現者への理解が足らなさ過ぎると言える。

映画、アニメなど、著作物は、思想も含めて、
全面的に批評、批判が自由にされるべきものであるから、
その重みを考えなけれはならない。

余りにも、独り善がり過ぎるし、
あんな風に見せられたら、不快になって当たり前。
幼稚過ぎるプレゼンだった事だ。

私は個人的にそんな人がやってるドワンゴって?と思う。

038
人の痛みがわからない 2016/11/17 13:43

人の痛み苦しみがわかるコンピュータが可能なら、すばらしい。しかし人工知能が認知症になるのなら困るかな。

039
神戸のモンですが 2016/11/18 18:24

職人さん、それも腕の良い人に多い、「へんこ」(標準語で何と言うか知らない)の宮崎のおっちゃん。
ツレの動きを思い出したところに「気持ち悪い」と言われて
「アホンダラ、ボケ、カス!(標準語だと、てやんでい、べらぼうめ?)」になったかも…。
あと、この日はいつだったのでしょう。19人殺害事件の起きた後だったのなら、さらに怒りが複雑になっているかも知れませんね…。
ただ、これで枯れかけていた想いに火がついて、
「鈴木さん、金集めてくれ(ワシ、ほんまは長編やりたいねん。けど、歳が歳やし、途中で死んだら皆に迷惑かけるから辛抱しとってん。)」と言い出したのは良かったな、と思っています。(周囲の人は大変だろうけど…)

040
三方悪し 2016/11/18 20:07

「痛覚のない状態」って要は手抜きだよねw
人間の骨格、可動域の設定に比べれば、痛覚のようなヒトの感覚をコンピュータ上で再現するのはとっても難しい。
その難しいところを放棄して「できました」って言われてもね。あんまり価値がないような。

痛覚、骨格、筋力、代謝などもろもろを再現してAIで自己学習させたら、ウサイン・ボルトと同じ走り方になりました、ってんなら、おーすげー、とか思ったかもw

あと、人間じゃなく「粘菌」くらいにしておけば宮崎さんも食いついたかもね。
(粘菌には痛覚もないだろうし)

041
AIという偶像 2016/11/18 20:47

ブレインストーミングのための異文化交流ディスカッションだからね。
経済的生産に貢献しない時間でもそれは織り込み済みと考えるのが賢い生産組織マネージメント。
気づいているかどうかわからないが、あのシーンで
>「どこにたどり着きたいんですか?」
とか
>「極めて何か生命に対する侮辱を感じます」
で意見を広げられないように言い切りの断定してしまったのは人間の知的生産活動としての時間を無駄にして集まりを台無しにしていた。
あとAIに対する偶像やイデアは人それぞれに年代の違いによる生い立ち、教養レベル、宗教や哲学観の違いによりまだ定まった定義には収束しない現実を無視してカルト的に自分のAI観を強要する人がかなり多い。
お互いの認識の違いを認め合ってそれぞれの仕事の肥やしにできるかどうかという判断できる材料づくりの意識が薄れてきたときに警告をだしてくれる司会者役が一人もいない組織にありがち。

042
てゆうか 2016/11/19 23:17

そんな大げさな話じゃなくて、元からネトウヨ川上を気に入らなかったパヤオが文句の一つもつけてみましたってことじゃないの?

043
名無し 2017/2/16 21:43

いや、これは表現の問題だろ
"気持ち悪い"と言うのが悪い。
感情や、人間的・生物的忌避感よりも、合理性を優先するロボットの動き
とか言っておけば良かったんだよ。
『気持ち悪い』と言ったんだから、そりゃ気持ち悪い事(気持ち悪いと思われやすい物)から連想しちゃう。
プレゼンする側として悪いイメージを定着させるのは問題

044
菜緒子 2017/5/ 6 21:34

障害者の動き云々いうなら『進撃の巨人』の巨人の描き方の方がはるかに凄い。
重度の知的障害者、多動知的障害者、そして彼らの異食行為に接した事のある人なら分かると思う。


克明に観察している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中