2018年 11月 16日 (金)

SMAPファン、最後の意地 「好きな~」ランキング6位に「急上昇」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   オリコンが「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング2016」の結果を公表した。嵐が7年連続で1位になったことに注目が集まる中、年内で解散することが決まっているSMAPが6位に入り、前回2015年調査の10位から「急上昇」をみせた。

   ネット上で同ランキング結果が確認できる2005年以降、6位はSMAPの最高位。「最後の花道」として年末のNHK紅白歌合戦に出演するのか、しないのか、にやきもきしている人も多いなか、ファンらの応援がSMAPの躍進を後押しした形だ。

  • SMAPファンの根強い応援が後押し
    SMAPファンの根強い応援が後押し

05~13年までトップ10入らず

   オリコンがランキング結果を公表したのは16年11月14日。全体の6位に入ったSMAPは、特に年代別の「20代」ランキングでは3位に入るなど強さを見せた。30代では6位、40代で8位。10代では(10位までの)ランキング外だった。

   トップ10の他のアーティストが前年順位からいくつ変動したか、をみると、4つも順位を上げたSMAPを除くと、「1つ」(前年3位が2位、など)か「同じ」で、SMAPの躍進ぶりが顕著だったことが分かる。ランキングを載せた、オリコンの情報サイト「ORICON STYLE」でも、結果の分析記事の中で、SMAPが「大きく順位を上げた」と紹介。一連の解散騒動をめぐる報道ぶりから浮き彫りになったのは、SMAPの「まさに『国民的』と呼ぶにふさわしい圧倒的なスター性だった」とも指摘した。

   今回の結果がスポーツ紙(電子版)などで報じられると、SMAPの順位上昇について、ツイッターには「SMAPファンの活動の結果」「閉店になると閉店しないで、と嘆くおばさまと似たところがあるな」といった声が寄せられていた。

   SMAPは、2014年の同調査では9位。05~13年までは、トップ10には入っていなかった。

   「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング」は、オリコンの「オリコン・モニターリサーチ」会員のアンケートを元に独自集計したもの。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中