2018年 10月 19日 (金)

泉ピン子、あわや「電話詐欺」被害に 「面白い」と応じたら...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2016年11月16日、都内の浅草フランス座演芸場東洋館で「高齢者詐欺・トラブル予防啓発PRイベント」が開かれ、女優の泉ピン子さん(69)、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さん(47)、メンタリストのDaiGoさんが登場した。

   3人は約15分間、高齢者に多い特殊詐欺のトラブルについてトークを交わした。泉さんは電話の特殊詐欺に遭った体験談を交えて「知らない電話番号には出ないで」「年末になると相手も知恵を使うので引っかからないでね」と呼び掛けた。

  • 泉ピン子さん
    泉ピン子さん
  • 「ずん」の飯尾和樹さん
    「ずん」の飯尾和樹さん
  • DaiGoさん
    DaiGoさん

女性アナウンサーのような声で、実在の会社と似た社名を名乗る

「050という電話が頻繁に入ってたんですね、携帯に。それで、聞いてみたら、ガイダンスなんです」

   泉さんはイベントの冒頭で、つい最近、特殊詐欺にひっかかりそうになった体験を明かし始めた。

   電話の主は女性で、アナウンサーのような話し方だったといい、実在の生命保険会社とよく似た社名を名乗ったうえで、「本日、満期になっておりますので、お金がお入り用の方は1番を押してください」と言われたという。

   その後、「金融機関で引っかかった」というようなことを言って、「その方は2番です」と言ったという。

   泉さんは、「面白いし、お金もなかった」ので1番のボタンを押したが、反応はなかった。「3回ぐらい続けてやりましたが、何にも(反応が)なかった」という。

特殊詐欺の認知件数は年々増加

   泉さんはその後、実際に警察に電話した。熱海署の警察官2人が来て携帯電話の番号を撮り、「これがないと証拠にならないから。この写真をNTTに提出して番号を止める」と話したという。

   泉さんが「何で050なんですか」と聞くと、警察からは「ドバイとか外国に飛ばしている基地だから、分からない」という返事があったという。

   泉さんは「『金融機関で引っかかった方』っていうので、『あれっ』って思った」と振り返る。これに対し、司会者が「泉さんにかけた時点で失敗ですよね」と言うと、

「あんた、『泉ピン子だ』って分かって犯人がかけてくるわけないじゃない」

と一刀両断にしていた。

   警察庁の「2015年の特殊詐欺認知・検挙状況等について」によると、特殊詐欺の認知件数は年々増加傾向にある。2011年は7216件だったが、12年から15年にかけては8693、11998、13392、13824件と、右肩上がりに増加しており、被害総額も11年の約204億円が、15年は約2.4倍の約482億円に増加している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...