2018年 11月 21日 (水)

「こじらせ女子」生みの親、雨宮まみさんが死去 「自宅で事故のため」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「女子をこじらせて」などの著作で知られるライター・雨宮まみさんが、2016年11月15日に死去した。40歳だった。雨宮さんの著書『東京を生きる』を15年に出版した大和書房(東京都文京区)が17日、発表した。

   自己評価と社会の価値観のギャップに苦しむ女性を「こじらせ女子」と名付け、若者から共感を集めた。

  • 「女子をこじらせて」が人気作に(Amazonの商品ページより)
    「女子をこじらせて」が人気作に(Amazonの商品ページより)

「こじらせ女子」は「流行語大賞」にもノミネート

   発表によると、雨宮さんは「自宅で事故のため」亡くなった。11月15日朝、心肺停止の状態で床に倒れているところを警察に発見されたという、葬儀は親族のみで執り行われ、一般のお別れの会は予定されていない。

   福岡県出身。アダルトビデオ雑誌の編集者・ライターなどを勤めた後、フリーライターに転身した。11年に自身初となる単著『女子をこじらせて』(ポット出版)を上梓した。

   体験談を交えながら、一般的な価値観と自意識の間に折り合いがつかず恋愛につまずく女性を「こじらせ女子」と命名。ネーミングのキャッチーさもあいまって、同年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた。最近も、一部ネットメディアで連載ものを執筆するなど精力的に活動していた。

   人気ライターの若すぎる死。ネット上では、

「信じたくない」
「あまりにも急で驚いてる」
「まだ早いですよね...残念です」

と驚き、戸惑い、悲しみの声がファンから寄せられている。

死の8日前にインタビューの仕事

   最後の更新となった6月8日の公式ブログでは冒頭、「死にたくなる夜というのが、やってくる」と一言。続けて、

「たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる『死んでもいいですか?』と、誰かに訊きたくなる」

などと書いていた。

   一方、ツイッターは11月14日まで更新を続けていた。新作映画に触れ、「すごく好きかもしれない」などとつぶやいた。7日に雨宮さんのインタビューを受けたばかりだった、セクシー女優の初美沙希さんは17日、

「つい最近にお会いしたばかりだったのに... ほんとついこないだ... 突然過ぎて受け止められない」

とツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中