2018年 8月 16日 (木)

作家の藤原ていさん死去、98歳、「流れる星は生きている」

印刷

   旧満州からの壮絶な引き揚げ体験を描いた「流れる星は生きている」などで知られる作家、藤原ていさんが2016年11月15日、老衰のため死去した。98歳だった。

   夫は作家の故新田次郎氏、数学者でエッセイストの藤原正彦氏は次男。

   長野県茅野市出身、諏訪高女卒。1939年に新田氏と結婚。日本統治下の旧満州(現中国東北部)へ渡った。第二次世界大戦の敗戦後、夫と離れ離れになりながら、幼い3人の子どもらを命懸けで守りながら帰国。そのときの壮絶な体験に基づく小説「流れる星は生きている」を刊行。ベストセラーとなり、映画やテレビドラマにもなった。他の著書に「わが夫新田次郎」「旅路」など。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中