2018年 9月 23日 (日)

気象庁、津波注意報をすべて解除 引き続き「海水浴、磯釣りには注意」

印刷

   2016年11月22日早朝に起きた福島県沖を震源とする地震で、気象庁は12時50分に岩手県、宮城県、福島県、茨城県で発令していた津波注意報を解除した。この結果、大津波警報、津波警報、津波注意報を発表している地域はなくなった。

   気象庁は、今後も若干の海面変動が続くと予想されるが、津波被害の心配はないとしている。「海に入っての作業や釣り、海水浴」などについては引き続き注意を呼びかけている。

   今回の地震のマグニチュード(M)は7.4で、東日本大震災の余震としては2014年7月以来2年4か月ぶりのM7以上を観測した。14時現在、大きな被害は確認されていない。NHKなどによると、4都県で足の骨を折るなど12人がけがを負った(13時30分現在)。

  • 海の近くでの作業には引き続き注意が必要
    海の近くでの作業には引き続き注意が必要
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中