2018年 11月 16日 (金)

気象庁、津波注意報をすべて解除 引き続き「海水浴、磯釣りには注意」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2016年11月22日早朝に起きた福島県沖を震源とする地震で、気象庁は12時50分に岩手県、宮城県、福島県、茨城県で発令していた津波注意報を解除した。この結果、大津波警報、津波警報、津波注意報を発表している地域はなくなった。

   気象庁は、今後も若干の海面変動が続くと予想されるが、津波被害の心配はないとしている。「海に入っての作業や釣り、海水浴」などについては引き続き注意を呼びかけている。

   今回の地震のマグニチュード(M)は7.4で、東日本大震災の余震としては2014年7月以来2年4か月ぶりのM7以上を観測した。14時現在、大きな被害は確認されていない。NHKなどによると、4都県で足の骨を折るなど12人がけがを負った(13時30分現在)。

  • 海の近くでの作業には引き続き注意が必要
    海の近くでの作業には引き続き注意が必要
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中