2018年 10月 20日 (土)

「和製囲碁AI」vs趙・名誉名人 2勝1敗で勝ち越したのは...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本で開発が進む囲碁の人工知能(AI)「DeepZenGo(ディープゼンゴ)」と、トッププロ棋士の趙治勲・名誉名人(60)がハンデなしの対局を行う「囲碁電王戦」で、2016年11月23日の最終局を趙名誉名人が制し、ディープゼンゴの1勝2敗で幕を閉じた。

   ディープゼンゴは、ドワンゴや東京大学などが協力して開発を進めている囲碁AI。19日の初戦は接戦の末に趙名誉名人が勝利したが、20日の第2局はディープゼンゴが制し、AIとプロ棋士との対局で国内初勝利を挙げた。最終局は開始から約3時間でディープゼンゴが投了し、167手までで趙名誉名人が勝利した。

   趙名誉名人は対局後、「(囲碁AIが)どんどん強くなれば、僕らももっと勉強してもっと強くなればいい」などと語った。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...