2019年 9月 20日 (金)

日本版「ブラックフライデー」の賭け 「単なる在庫処分」越えられるのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   米国でクリスマス商戦へ向けた大規模な安売りセールとして知られる「ブラックフライデー」が2016年11月25日、日本で始まった。

   流通大手のイオンは、初めて「ブラックフライデー」に参戦。カジュアル衣料のユニクロや米衣料小売りのGAPなども安売りを仕掛ける。

  • 消費喚起に「ブラックフライデー」 日本でも定着するか!(画像は、イオン「ブラックフライデー」のホームページ)
    消費喚起に「ブラックフライデー」 日本でも定着するか!(画像は、イオン「ブラックフライデー」のホームページ)

クリスマス前の安売り商戦

   米国の「ブラックフライデー」は、祝日であるサンクスギビングデー(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日を指す。小売業者が一斉に「安売り」をうたって宣伝。消費者の購買意欲を刺激する一大イベントであり、クリスマス商戦の本格的な幕開けを意味する。

   「店によっては寒い夜中から人々が列をなし、深夜のオープンとともに人々が目当ての商品を目指して殺到し、ショッピングカートを一杯にするという光景がニュースで流れます」と、大和総研・経済調査部のシニアエコノミスト、近藤智也氏はいう。

   「ブラックフライデー」は、2015年には韓国が政府主導で取り入れた。日本でも、政府が消費喚起策の一つとして期待を寄せていて、石原伸晃経済財政・再生相は2016年11月25日の閣議後の記者会見で、「ブラックフライデー」が国内で広がりつつあることに、「大型セールが経済の好循環を加速させる」と指摘。「産業界や地域を巻き込んだ(消費喚起を促す)施策で、もう一押しすることが必要だ」と話した。

   そうしたなか、流通大手のイオンが「ブラックフライデー」の安売りセールに初めて乗り出した。11月25日の金曜日から27日までの3日間、全国の総合スーパー(GMS)や140か店のイオンモール、ショッピングセンター内の店舗など2万500か店で、大規模な安売りセールを実施する。

   セールの対象商品は「地域ごと、店舗ごとで異なります。また、値引き率も店舗によります」と、イオンリテールは話すが、クリスマスのプレゼント需要を見込んだ家庭用ゲーム機や年末年始の準備に向けた掃除機などの家電製品、防寒衣料などが対象になっていて、なかにはプライベートブランドの羽毛布団が通常の1万9800円が半額の9900円になるなど、「目玉商品」も用意した。

   また、イオンモールには高級ブランドのCOACHのバッグが9600円、高級チョコレートのGODIVAの特別セットが3000円、讃岐うどんチェーン「はなまる」のかけうどん96円(いずれも税込み)などを用意。「たとえば、アボガドのつかみ取りなどのイベントを開催している店舗もあります。楽しく買い物してもらえることを重視しています」と話し、「お祭り」ムードで盛り上げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中