朴大統領が決断 進退問題で談話

印刷

   朴槿恵(パク・クネ)大統領は2016年11月29日、いわゆる「スンシルゲート」問題発覚から3度目の国民向け談話を発表し、早期退陣の意向を表明した。

   野党が12月2日にも朴大統領の弾劾訴追案の採決を目指している矢先の退陣表明で、事態を早期に収拾したい考え。スキャンダル発覚から1か月余りでの「決着」になった。

  • 朴槿恵は「スンシルゲート」発覚から1か月で退陣を表明した
    朴槿恵は「スンシルゲート」発覚から1か月で退陣を表明した

任期は2018年2月まで

   聯合ニュースによると、朴大統領は冒頭、

「私の不覚で国民の皆さんに大きな心配をおかけした」

と改めて陳謝。「国と国民のためにどのようにするのが正しい道なのか悩んだ」結果として、

「大統領の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に委ねたい」

と述べた。韓国の現行憲法では大統領の任期は5年。任期途中の自発的な辞任についての定めはないが、「欠位」の際には国務総理(首相)が職務を代行することになっている。朴大統領の就任は13年2月で、1年3か月ほど残っている。朴大統領は

「与野党が議論して国政の混乱と空白を最小限に抑え、安定して政権を移譲することができる法案を作成していただければ、そのスケジュールと法手続きに基づいて大統領職から退く」

と述べ、法的枠組みが整い次第辞任する考えだ。その上で、

「1日も早く大韓民国が混乱から抜け出し、本来の軌道に戻ることを望む」

と述べた。

退陣要求デモには全国で190万人が参加

   「スンシルゲート」をめぐっては、朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告のタブレットPCから朴大統領の公務に関する資料が見つかったとケーブルテレビの10月24日にJTBCが報じて本格的に発覚。翌25日には朴大統領が談話を発表し、事件について陳謝。11月4日に出した2度目の談話では検察の捜査を受け入れることを表明していたが、検察がチェ被告らを起訴する際に朴氏の「共謀」を主張したことに反発。捜査に応じない方針に転じていた。

   ギャラップ社の調査では、支持率が歴代の韓国大統領としては最低の4%にまで下落。スンシルゲート発覚以降、毎週土曜日に「ろうそくデモ」と呼ばれる抗議活動が展開され、11月26日には主催者発表でソウルだけで150万人、全国で190万人が参加していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中