2018年 9月 19日 (水)

三菱自動車、役員報酬を3倍の30億円に設定 

印刷

   三菱自動車は2016年11月29日、役員報酬の上限を3倍の30億円とする方針を明らかにした。同日ホームページ上で公開した株主総会招集通知に盛り込み、12月14日に行われる臨時株主総会で正式に決定する。

   現在総額年9億6000万円以内としている取締役報酬額を年20億円以内に増やし、これとは別枠で株価に連動する報酬を年10億円以内で設定する。同社は「海外も含めた優秀な人材の中から取締役を任命できるようにすることを目的とする」としている。

   同社の次期会長には資本提携した日産自動車のカルロス・ゴーン社長が就く予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中