朴正熙元大統領の生家から出火 追慕館全焼、放火の疑い

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領(故人)の生家で2016年12月1日に火災が発生し、隣接する追慕館の内部がほぼ全焼するなどした。韓国メディアが報じた。

   火は10分ほどで消し止められ、現地警察は現場付近にいた40代の男を拘束し、放火の疑いで調べている。生家は韓国南東部の慶尚北道(キョンサンブクト)亀尾(クミ)市にあり、慶尚北道記念物に指定されている。

   朴大統領は友人の崔順実(チェ・スンシル)被告らによる国政介入疑惑で国民から強い批判を受けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中