2018年 7月 20日 (金)

タイで70年ぶりに新国王誕生 戴冠式はプミポン前国王の葬儀後に

印刷

   タイで2016年10月に88歳で死去したプミポン国王にかわって、12月1日、長男のワチラロンコン皇太子(64)がチャクリ王朝の第10代国王(ラマ10世)に即位した。タイでの新国王誕生は70年ぶりとなる。

   同日暫定議会の議長が首都バンコクの王宮で皇太子に謁見して即位を要請し、皇太子はこれを受諾した。同議会は10月に皇太子が即位することを確認したが、皇太子は国民と共に前国王の追悼に加わるとして、即位延期の意向を示していた。

   戴冠式(たいかんしき)は17年に営まれるプミポン前国王の一連の葬儀のあとに執り行われる見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中