2019年 7月 20日 (土)

任天堂「Wii U」がプレミア化? 値上がり進行中のワケ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」が値上がりしている。

   「WiiUプレミアムセット(白)」の希望小売価格は3万2400円(税込み)。それが、Amazonや楽天市場などのインターネットの通販ショップでは、それを上回る価格で販売されている。価格.comでは、3万8880円(2016年12月2日15時時点)の「プレミアム」価格が付いていた。

  • 任天堂「Wii U」生産中止で、価格高騰!(画像は、任天堂「Wii U」のホームページ)
    任天堂「Wii U」生産中止で、価格高騰!(画像は、任天堂「Wii U」のホームページ)

なかには1万円超も高いものも

   任天堂の「WiiUプレミアムセット(白)」は12月2日15時ごろ、ネット通販のAmazonのサイトで、3万5800円で販売されていた。希望小売価格より、3400円高い。もちろん新品。それでも、まだ安いほうかもしれない。

   12月1日付のブルームバーグによると、「最も高い価格として7割高となる5万5000円で販売されている。すでに生産終了した『黒』は10万7288円のものもある」と報じていた。

   2日15時時点の価格.comでは、最安値(希望小売価格)3万2400円~最高値の3万8880円の値幅で売られていた。「WiiUプレミアムセット(白)」だけではない。「Wii Uスーパーマリオメーカーセット」は、希望小売価格が3万5640円(税込み)のところ、4万5800円~4万6800円と、1万円超も高い。どれも前週より値上がりしている。

   「Wii U」が値上がり傾向にあることは確かなようだ。

   こうした背景には、任天堂が「Wii U」の生産を「近いうちに中止する」と発表したことがあるようだ。同社は生産終了の具体的なスケジュールを明らかにしていないが、今後は現在予定している分の生産を終え、在庫がなくなり次第販売終了となる。

   生産終了が決まったことで、「希少価値」が出てきていることに加えて、X'mas商戦に突入したことでプレゼントのニーズが高まったとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中