つるの剛士「すいませんでした」 「日本死ね」受賞への違和感訴えが波紋

印刷

   タレントのつるの剛士さん(41)が「ユーキャン新語・流行語大賞」で「保育園落ちた日本死ね」のトップ10入りに違和感を訴えたことは、ネット上で大きな反響を呼んだ。しかし、つるのさんがその後にツイートした内容が、発言を謝罪したと受け止められて、ネット上で論議になっている。

   「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」。つるのさんは、ツイッターで2016年12月2日にこう訴えたのに続き、その後もこの件でのツイートを何度かしている。

  • ツイッターの一言は謝罪になるのか
    ツイッターの一言は謝罪になるのか
  • ツイートを続けるつるの剛士さん
    ツイートを続けるつるの剛士さん

一部ニュースでも「批判に謝罪」と報じられ

   「日本死ね」の意味を考えない言葉狩りではないかと批判されると、つるのさんは、こう反論した。

「現社会の歪みから生まれた悲痛なワードであれば尚更流行語なんかで一括りしたり国会議員が笑顔で受賞は違和感です」

   一方、保育園に落ちたからといって親がブログで「死ね」というのはおかしいとつるのさんに同意する声も出た。これに対し、つるのさんは、自分も子供が保育園に落ちて大変な思いをしたがそうは思わなかった、政治を変えるため選挙に行こうと思ったとツイートを返した。

   そして、「死ね」ではなく、きれいな言葉を使おうと言っているのかと別の人から問われると、つるのさんは、そんなことは一言も言ってないと反論したうえで、次のようにつぶやいた。

「ただ、死ねが流行語??と。そんな声に国会議員が満面の笑みで登壇に違和感を覚えたというイチ視聴者の感想ツイートでした。。すいませんでした」

   最後の一言について、つるのさんは流行語大賞に異議を唱えたことに謝罪したと受け止める声がいくつか出て、一部のネットニュースでも「批判に謝罪」などと報じられた。

「日本好きで何が悪いんだろ。。?」

   つるの剛士さんが謝罪したと受け止められたことは、ネット掲示板などで論議となり、様々な意見が出ている。

   「待機児童問題を軽視」「言動は慎まなきゃな」として謝罪しても当然とする向きもあったが、謝罪する必要はないとする声の方が多い。「子を持つ親として至極真っ当な意見を発言しただけ」「まさに言いたいことを表現してくれたなと言う感じだった」「謝るべきはつるのじゃなくてユーキャンだろ」などと書き込まれている。

   一方で、つるのさんが「日本死ね」への違和感を強調し続けていることから、「すいません」は謝罪とは別の意味ではないかとして、「自分の意見が間違ってたとかそういう風には言ってないな」との指摘も出ている。

   つるのさんはその後も、「少なくともウチの子供が『◯ね』なんて言葉を吐いたらスペシウム光線でブッ飛ばします」「そもそも日本好きで何が悪いんだろ。。?」と持論をツイートしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中