小川宏さん死去90歳 ワイドショー司会草分け、「一時代が終わった」

印刷

   17年間続いたフジテレビ系朝のワイドショー「小川宏ショー」で知られるフリーアナウンサーの小川宏さんが、多臓器不全のため2016年11月29日に死去した。90歳だった。フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」などが12月5日、報じた。

   小川さんは、NHKでクイズ番組「ジェスチャー」の司会を10年間務めるなどした後、1965年にフリーに転身。同年5月から「小川宏ショー」の司会として活躍、82年春まで「朝の顔」としてお茶の間の人気を博した。

  • 著書「宏です。小川です―昭和わたく史交友録」(Amazonより)
    著書「宏です。小川です―昭和わたく史交友録」(Amazonより)

17年間続き、放送回数4451回

   訃報を伝えた「グッディ!」では、「フレッシュワイド8:30 小川宏ショー」の当時の番組タイトル映像も紹介。小川さんが1982年の番組終了後にはうつ病となり、その後克服、80歳を超えても講演活動などを続けていた、などと伝えた。

   番組開始当初の「奥さまスタジオ 小川宏ショー」時代から通算で17年間、4451回の放送回数を誇り、「森田一義アワー 笑っていいとも!」に抜かれるまで、ギネスブックに、人名を冠にした番組の最長寿記録として認定されていた。

   「グッディ!」メインキャスターの安藤優子さんは、訃報を伝えるニュースのあと、自身の母親のエピソードも交えながら、小川さんは当時、特に女性の間で「絶大な支持を受けていた」とし、「たいへんな話術の達人でいらっしゃった」と語った。

   ツイッターでは、「90歳になられていたことに月日の流れを感じました。又、一時代が終わったと感じた。安らかに眠って下さい。お疲れ様でした」などと悼む声が並んだ。また、12月4日に86歳で亡くなった、プロ野球・巨人の元打撃コーチ荒川博さんの訃報にも触れたうえで、「昭和を象徴したお二人に感謝と哀悼の意を表します」と書いた人もいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中