「君の名は。」興行収入200億突破 新海監督が出したコメントとは

印刷

   東宝は2016年12月6日、放映中の大ヒット映画「君の名は。」の興行収入が200億円を突破したと発表した。観客動員数は1539万人を超え、日本映画の国内興行収入では、04年公開のスタジオジブリ作品「ハウルの動く城」の196億円を超え、歴代2位となった。

   洋画も含めた国内興行収入ランキングでは、4位の「ハリー・ポッターと賢者の石」(203億円)に次ぐ5位。新海誠監督は、

「観ていただいた方すべてにお礼申し上げます。映画には、時に社会とつながる力があるのだということを教えられました」

とコメントを出した。

   邦画の歴代トップは、ジブリの「千と千尋の神隠し」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中